イベント情報

着付練習会1.jpg

「小千谷縮着付体験」実施のお知らせ

盛夏の着物「小千谷縮」の着物を着てみませんか?

匠之座で小千谷縮の着物に着替えて、そのまま
市内散策ができます


着物初心者の方も、工房スタッフの着付け付き
なので安心です。(半巾帯でゆかた風に着ます)

肌着や履物、ひも類は貸出しですが、カバンは
ご用意ください。

 

実施日・時間  
平成29年6月1日(木)~7月31日(月)の
月、火、木、金曜日(平日のみ・水曜定休)  

             
午前11時受付着用開始~午後4時着替え終了
※午後3時半頃までに「匠之座」にお戻りください。

定 員   
一回につき1~3名

場 所   
小千谷市城内1丁目8番25号
小千谷市総合産業会館サンプラザ2階
小千谷織物工房「匠之座」
地図:http://www.ojiya.or.jp/access/

 

体験料

体験料  4000円
※反物購入の場合特典あり

 

貸出内容

小千谷縮の着物、片貝木綿半巾帯、簡易和装肌着、
ひも類、桐下駄

※足袋、和服に合うカバン、日傘、はご持参ください。
※透ける着物ですので、目立たない色のキャミソール等
 を着用の上ご来館ください。
※ヘアメイクはご来館前にお済ませください。

 

ご予約方法 

下記連絡先にお電話ください。お名前、人数、希望日、
連絡先を
伺ったのち、担当より確認の連絡をさせていた
だき、受付完了と
なります。

 

おすすめ散策コース

●居食亭「東忠」でランチ
登録有形重要文化財の建物でゆったりお食事やカフェを
お楽しみください。(ランチ1500円程度~)

●「錦鯉の里」見学
小千谷織物工房の隣の建物「錦鯉の里」では、様々な
色柄の鯉を観賞できます。(入館料510円)

●小千谷織物工房「織之座」体験
コースターやリボン、繭を使った工作など様々な体験が
できます。(体験料600円~)

 

お買い物特典

着付体験後、8月末までに匠之座で小千谷縮の着物を
ご購入のお客様には、着物ハンガーを進呈いたします。

 

お申込み・お問合せ

  小千谷織物工房 0258-83-2329
  ※
 水曜定休、平日のみの体験です

 

爽やかさを楽しむ季節

 ~涼しさ・軽さ・自然素材の小千谷縮~

 

イベントのご案内!

 

ゴールデンウィーク期間中【4/29~5/7】

反物お買い上げのお客様に

湯通し無料サービス & 着物ハンガープレゼント!

10001750_01.jpg

正反・B反・和装小物 他

無地・縞・絣 種類豊富にご用意しております。

IMG_6944.jpg

ぜひこの機会にご来店くださいませ。

 

GW期間中4/29~5/7まで休まず営業しております。

 

お問合せ先

小千谷織物工房「匠之座」

TEL/0258-83-2329

 

 

 

小千谷織物工房では、2020年東京五輪開催時の若者たちに
日本の夏の伝統素材である小千谷縮を知ってもらうため、
平日限定、織物体験学習コースを開催中です。

小千谷市・小千谷商工会議所・小千谷観光協会・小千谷織物組合
は小千谷縮・東京五輪戦略会議を立ち上げ、2020東京五輪に関連
するセレモニー等で、日本の夏の伝統素材「小千谷縮」を使っていた

だけるよう活動中です。

 

内 容 (所要時間20名90分~)

①つくる:
機織り体験 しおり織(\200)もしくはコースター織(\300)
※表示の金額は、小学生の体験一人一回分の料金です。

R_吉谷2017コースターカット.jpg

②学ぶ:
小千谷縮の簡単な歴史、布の特長を史料やDVDで学びます。

R_吉谷2017実演.jpgR_吉谷2017座学.jpg

③着る:
実際に小千谷縮の半纏を羽織ってもらいます。

R_吉谷5輪試着.jpgR_小学生5輪試着.jpg

 

対 象

小学校3年生から高校生までの団体のお客様(10名以上30名まで)
※中学生以上
の方が機織り体験に参加される場合
  ・・・・・・・・大人料金(しおり織\300、コースター\600)となります。

所要時間の目安
しおり織体験と座学・着心地体験・・・20名約90分
コースター織と座学・着心地体験・・・20名約2時間

 

申し込み・問い合わせ

希望される日の2週間前までに電話でご予約下さい。(水曜定休)
その際は、「平日限定の体験学習コース」と申し出てください。

電話 0258-83-2329(小千谷織物同業協同組合)

 

ただいま、小千谷織物工房「匠之座」には、小千谷小学校
3年生「地域のたから」授業、織物班のみなさんが作って
くれた商品紹介のカードが展示されています。

R_谷小3展示.jpg

 

3年生のみなさんは

昨年9月の明石堂(小千谷縮の創始者が祀られている)
見学に始まり、機織り体験、小千谷縮についての座学、
「匠之座」で販売されている織物商品調べなど、何度か
工房を訪ねてくれました。そして、学習したことがらを、
グループごとに新聞にまとめ発表してくれました。

R_小千谷小学3年縮新聞カット.jpg

 

その後の授業では、小千谷縮の特長を活かした新商品
のアイディア出し、工房にたくさん提案してくれました。

R_DSC_1764.jpg

R_DSC_1770.jpg

小千谷縮素材の防災ざぶとんやランドセルカバーなど、
小学生らしい提案も見られます。

R_DSC_1771.jpg  R_DSC_1773.jpg    

具体的な商品提案をイラストで示し、小千谷の織物で作られた
その商品の良さを伝えるためのコメントが寄せられていました。

たくさんのアイディアの中には、素材の良さ以外にも、ほかの
「小千谷のたから」とコラボした商品、例えば、錦鯉の模様の
小千谷縮商品などの提案もありました。

 

すでに「匠之座」店頭に並んでいる商品については、自分たち
で調べた「小千谷の素材で作られた商品」の良さを、市内外の
お客様にアピールするために、印象に残った商品の紹介カード
をつくってきてくれました。

R_小3商品紹介1.jpg

R_DSC_1768.jpg

日傘や扇子、バッグや帽子など、楽しいイラスト付きです。

R_DSC_1767.jpg
R_DSC_1765.jpg

紹介カードは、「匠之座」の出入口付近に掲示されています。
観光バスで小千谷を訪れたお客様の中には、「このカードの
商品がどこにあるのか探してみよう」と言って、店内をじっくり
と見てまわる人もいます。

 

ここで紹介した学校以外にも、「地域のたから」を調べに
小千谷織物工房に来てくれる小さなお客様がたくさん
いらっしゃいます。小千谷縮、小千谷の織物を「たから」
と思っていただき、ありがとうございます。

体験工房のおばさんたちも、小千谷縮のお店、「匠之座」
のスタッフも、「たから調べ」のみなさんをいつでもお待ち
してます。

 

問い合わせ

小千谷織物工房「織之座」(体験工房)
小千谷織物工房「匠之座」(ショップ)

電話 0258-83-2329(小千谷織物組合)

 

 

かすり織体験ファンの皆様、
大変お待たせいたしました。
R_錦鯉かすり1.jpg

錦鯉柄のかすり糸が再入荷し、

「かすり織物の体験」を再スタートしました!
 

 

好きな色の糸を選んで織る、通常のコースター織体験から
一歩すすんで、ちょっと手ごたえのある体験はいかがですか?

それは、

伝統的工芸品小千谷紬と同じ織りの技法を、体験できる
「かすり織物」の体験メニューです。

R_ハート手元拡大.jpg

よこ糸には、織ったときに絵柄になるように、あらかじめ染色がされて
いますので、糸の色柄を合わせながら注意深く織る必要があります。

 

絵柄は4~5種類があります。

好きな絵柄を選んで、糸に柄模様が染められた「かすり糸」を受け取ります。

R_てんとう虫.jpg   R_かすり糸.jpg

 

たて糸の両端と、かすり糸に染められた両端の印を合わせながら
織っていくと、柄模様が出てきます。
できあがったら、切り離しておみやげに・・・

R160_てんとう虫作成中.jpg  R160_てんとう虫切り中.jpg

 

小学生から大人まで、初心者の方でも素敵な織物を作ることができます。

R_かすり完成2.jpg  R_80歳でかすり体験.jpg

 

この「かすり織物」の体験は水曜(定休日)を除く、午前10時から
午後4時までいつでも織之座で体験できます。
(団体貸し切りのため利用できない時もあります。詳しくは、
お知らせコーナー「貸し切り時間帯のご案内」をご覧ください。)

ぜひご利用ください。

 

体験料:中学生以上 900円 (小学生 600円)

※期間中以外でも、「かすり糸の体験」と声をかけて
いただければいつでも体験可能です。
 

お問い合わせ 小千谷織物工房「織之座」 (水曜定休)
        電話 0258-83-2329(織物組合) 

 

日程 2月25日~3月20日
    <水曜定休>

時間 午前9時~午後5時

内容 「絵紙」と小千谷縮の史料展示

    重要無形文化財小千谷縮着物
    絵紙(小千谷絵紙保存会)
    小千谷縮見本帳
    2020東京五輪アピールコーナー
    (試着体験ができます) 

場所 小千谷織物工房「匠之座」

 

絵紙と小千谷縮

織物の町小千谷には、ひなまつりになると
「絵紙(えがみ)」と呼ばれる錦絵を部屋中に
飾り付ける風習がありました。

R_ひなまつり展H28年度2.jpg

ひな飾りの部屋中、天井、廊下に至るまで、
錦絵で埋め尽くし、飾りたて、訪問客をもて
なす風習。

なぜ小千谷のまちに多くの錦絵が集まり、
そのような風習になったのか?それは江戸
時代の小千谷縮の流通と深い関りがあると
言われています。

このたび、小千谷織物工房「匠之座」では、
そのような風習を再現したイベントである「絵
紙で彩る小千谷のひいな祭り」開催(小千谷
絵紙保存会主催)に合わせ、江戸時代の小
千谷縮や
関連史料を展示いたします。

R_ひなまつり展きもの.jpg

 

見本帳.jpg

 

また、同会場内には小千谷縮の体験コーナーが
設けられ、2020東京オリンピック・パラリンピック
採用に向けてのPR用に製作したジャケットや半
纏を試着することができます。

R_5輪試着体験1.jpg

ご来館をお待ちしております。
 

 

お問合せ

小千谷織物工房「匠之座」

新潟県小千谷市城内1-8-25
小千谷市総合産業会館サンプラザ2階
TEL 0258-83-2329(織物組合)

 

多くのお客様にご来場・体験いただき、ありがとうございました。

 

 

平成29年28日()、29日()はアオーレ長岡に「織之座」が
出張いたします。体験内容は「かすり織物しおり作成」です。
 

kasurisiori400.jpg
 

上の写真は続けて4人が織ったしおりですが、これを1枚ずつ切り離して
お渡しします。(絵柄は上の写真と同様の柄のみとなります。)

よこ糸に染められた柄を合わせながら織る、少し難しい体験ですが
この機会にぜひお試しください。
 

実施日時 平成29年1月28日(土) 午前10時~午後5時
                29日(日) 午前10時~午後4時

       ※かすり糸がなくなり次第終了となります。  

場   所 長岡市大手通1丁目4番地10
       アオーレ長岡

お問い合わせ 小千谷織物工房「織之座」
          電話 0258-83-2329

 

※出張体験により織之座での体験はお休みしますが、
着物デザインコンクール入賞作品展を実施いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月7日、8日アオーレ長岡で行われた新潟県伝統的工芸品展
に出展してきました。

R_小千谷ブース1.jpgR_小千谷ブース2.jpg

小千谷ブースでは、伝統的工芸品小千谷縮、小千谷紬の
展示のほか、しおり織の体験、小物の販売を行い
ました。

 

R_体験2.jpgR_体験1.jpg

伝統工芸士の指導のもと行われた、「しおり」を作製する
織物体験には約160名の参加がありました。

 

当日は大変多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

H26デザコン1.jpg

         (写真:小千谷織物工房での第18回入賞作品展の様子)

 

第20回全国きものデザインコンクール(主催:全国染織連合会)発表会入賞作品展
(入賞作品をモチーフにした友禅キモノ創作展示)

◆日程:2017年1月26日(木)~1月31日(火)

◆会場:小千谷市総合産業会館サンプラザ1階

 小千谷織物工房「織之座」

 小千谷市城内1丁目8番25号 tel0258-83-2329

◆開館時間:午前10時~午後5時(入館無料)

※展示期間中、重要無形文化財小千谷縮についての
DVD放映は休止予定です。
※展示期間中1月28日(土)、29日(日)はイベント出店
のため機織り体験ができません。ご了承願います。

 

遠方からお越しのお客様へ
降雪時の運転は十分お気をつけてお越しください。
雪のため駐車スペースが不足することがございます。
ご了承ください。

 


 

 

 

~~H26年度の展示の様子~~

たくさんのきものデザインが扇子になって並びとても華やかです。

H26デザコン4.jpg

 

 

きもののデザインとしてだけでなく、洋装になってもとても素敵です。

H26でざこん2.jpg

 

 

観光で立ち寄られた客様も熱心に見入っています。

H26デザコン3.jpg

 

皆様のご来館をおまちしております。

 

 

 

 

 

~~H25年度の展示の様子~~


プロ、一般はもとより、小中高校生の入賞作品も、きものや帯、などに加工されました。
本年度は京友禅のスマートフォンケースやタブレット端末ケースも展示されました。

スマホケース.jpg

 

入賞作品は「織之座」ギャラリーだけでなく機織体験工房や廊下にも展示されました。

工房入り口.jpg

工房内展示.jpg

 

みなさまのご来館をお待ちしております。

好きな色の糸と好きな色の小千谷縮のカット布で
オリジナルのリボンブローチをつくりましょう!

機織り新メニューリボンつくり体験 

R_縮はさみ織リボン完成カット明1.jpg

 

 

好きな色の糸を選んではたおりをします。

好きな色の小千谷縮のカット布を途中で織りこみます。

R_縮はさみ織1明.jpg
織っているときもカワイイ~

 

布を切り離したら、安全ピンと一緒に真ん中をくくります。

出来上がったブローチは
帽子やバッグにつけたり、襟元につけて蝶ネクタイにしたり
色々な使い方ができます。
髪飾りにしたい人は安全ピンをヘアゴムに変更もできます。


所要時間は約30分~ 体験料は900円です。

体験は水曜定休以外午前10時~午後4時まで!

お待ちしております。
 

小千谷織物工房「織之座」

小千谷市城内1丁目8番25号
電話0258-83-2329

 

 

 

お世話になった方へのプレゼントに・・・
    手織りの「しおり」はいかがですか?

R_連続しおり体験.jpg

「連続しおり織体験」

体 験 料 : 3枚連続 1000円~
        (連続4枚目以降は1枚につき¥300円)

所要時間: 3枚で30分程度

実 施 日: 平成26年12月1日~平成27年3月31日
       (水曜定休/12月29日~1月3日まで休業)

受付時間:午前10時~午後4時

対   象: 小学生以上(子供料金はありません)

内   容:

コースター織の手織り機を使って、必要な枚数のしおりを
連続して製作します。

R_しおり(機.jpg R_連続しおり.jpg

連続での4枚目からは1枚あたり300円で追加可能です。

まとめて織って、壁飾りにし、必要になった時に切り離して
しおりとして使うこともできます。
R_しおり2.jpg
 

目標は10枚だけど、「織り疲れた・・」という方には
工房スタッフが製作した商品も販売していますので、ご安心を!

R_販売しおり.jpg

 

織機は全部で3台(麻糸の台)ですので、一度に織れる
人数は3人までとなります。(複数人の場合は予約が確実です)

機織り機が空いていれば、予約なしでいつでも織れます。
「連続しおり体験」とスタッフにお申し付けください。

お待ちしております。

 

お問い合わせ

小千谷織物工房「織之座」 
電話0258-83-2329(織物組合兼用)
 


 

コースター織をたくさんつなげて、ミニタペストリーを作りませんか?
 

R_ハガキ掛けサンプル.jpg

 

3枚連続してコースター織を作り、別売りのパーツをつければ
ミニタペストリーの完成です。

R_ハガキ掛け軸.jpg (1セット¥200)
 

10CMずつ隙間を開けて織れば、後でコースターとして使えます。
連続して織れば、オリジナル絵はがき掛けが完成!

 

R_3連コースター.jpg

 




織之座で織った布でいろいろなモノづくりをしてみませんか?
体験料は

中学生以上大人 10㎝につき600円(小学生以下300円)

作品により、織る長さは調整可能です。

水曜を除く毎日、いつでもお待ちしております。

※絵はがき掛けの場合はたて糸の巾の調整が必要なため
必ず予約をしてからおいでください。

 

予約電話番号 0258-83-2329(織物組合)

 

下記特別展示は終了いたしました。

ご来館ありがとうございました。

 

小千谷織物工房「匠之座」新春特別展示のご案内


小千谷産地の有志が立ち上げたブランド「小千谷男着」を展示します。

R_男着HP用.jpg

 

産地の興りは「江戸の昔のビジネスウェアー」

江戸時代、小千谷縮が一般武士の式服と定められたことが、産地発展
きっかけとなりました。小千谷は働く男の仕事着から始まった着物の産地
なのです。

偶然にも、20年前、小千谷縮の洋装開発時も、紳士服からプロジェクト
がスタートし、現在では男性を中心に多くのお客様に愛用されています。

小千谷産地と男物の関係は深い・・・

「小千谷だから男物を!」と心を一つにしたメーカーグループが、このたび、
男の着物ブランド「小千谷男着~OJIYA DANGI~」を立ち上げました。

 

小千谷織物工房「匠之座」新春特別展示が一般初公開となります。
ぜひご覧ください。ご来館をお待ちしております。

 


 

第31回新潟県伝統的工芸品展は終了しました。

小千谷ブースの機織り体験には約160人もの方々に参加して
いただきました。ご来場ありがとうございました。

R_体験2.jpg

 

 

R_コースター指導.jpg

平成27日()、日(の2日間、
新潟県伝統的工芸品展参加のため、

織物工房「織之座」体験が、アオーレ長岡に出張します。
 

体験内容は「しおり織」です。(できあがりイメージ↓)
R_しおり1.jpg

 

県内各地の伝統の技を学び、体験することのできるイベント会場で
みなさまのお越しをお待ちしております。

 

これに伴い、2月7、8日は体験工房「織之座」が休館となります。

※小千谷織物製品展示販売「匠之座」は通常通り営業しております。

 

 

下記イベントは終了いたしました。

posuta-.jpg

 

Gift for 自分!

「男」を愉しむスタイリッシュ小物展

 

「男」であることを愉しむためのスタイリッシュな生活アイテムと

小千谷縮の競演!

 

江戸時代、武士の仕事着として愛用されていた夏の麻織物である小千谷縮。

時代は変わり、小千谷縮はクールビズのシャツになり、働く男の身の回りには

スタイリッシュな小物がずいぶん増えてきました。

普段は百貨店などに行かないとなかなか手に入らない県内企業のデザイン性

溢れる生活用品を織之座ギャラリーで展示販売いたします。

 

実施期間  平成25年6月6日(木)~6月16日(日)

        午前10時~午後5時

場   所  小千谷市総合産業会館 サンプラザ1階「織之座」 

 

ギャラリー内の様子

R_男の企画1.jpg

 

 

展示内容

デスク周り・ビジネストリップ関係

・革のような表情のスタイリッシュな紙素材製品 

・美しい無垢板の曲木アバンウッド製品

・シワにならない?!小千谷縮のシャツ

 

テーブルウェア関係

・貴重な天然木黒檀の箸

・フェラーリのデザイナーによるモダンなカトラリー

・手漉き和紙のランプシェード

 

提案「男の花生活」

・クールな佇まいの花器

・デスクに癒しを。。モダンな一輪挿し

・男ならスマートに送りたい小さな花ギフト提案

 

小千谷縮関係の展示

・小千谷縮の紋付着物、裃

・小千谷縮布製造之真図

・男のキモノ「今の小千谷縮」

・小千谷縮の洋装ブランド「フリーフロム」(試着可)

 

協力各社名

安達紙器工業株式会社(長岡市) ストーリオ株式会社(小千谷市) 

株式会社ネオス(長岡市) B・Blanc(小千谷市)

マルナオ株式会社(三条市) 山崎金属工業株式会社(燕市)

 

体験コーナー

父の日のプレゼントに手づくりの小物はいかがですか?

コースター織(500円)  所要時間約20分

R_1368159598431.jpg

 

まゆだま人形体験 「ぼこすけ」(300円) 所要時間約10分

お父さんそっくりな顔を描き入れてプレゼントに♪

R_1366778311229.jpg

 

 

※体験は企画展にかかわらず常時行っております。

ご来店をこころよりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ukiyoe4.jpg

「浮世絵スクランブル」 

 ~浮世絵×生け花×高校生and織物~ 

 

おかげさまで、下記企画は終了いたしました。

たくさんの方にご来館いただきありがとうございました。

 

 

 

小千谷には、ひなまつりの際にお雛様とともに部屋中に

浮世絵を飾る風習があります。小千谷市内に「絵紙」と

いわれる浮世絵がたくさん存在するのは、小千谷縮の流通と

深い関係があるといわれています。

 これらの浮世絵と若さあふれる高校生の書道作品

をメインに、書を引き立てる生け花や、遊びゴコロあふれた

織物作品を展示中です。

ukiyoe2.jpgukiyoe3.jpg

 

日程:平成25年2月21日(木)~3月5日(火) (水曜休館)

時間:午前10時~午後5時

場所:小千谷織物工房「織之座」

    電話:0258-83-2329

 

 

※なお、展示期間中「匠之座」(ショップ)では享保びなの展示をしております。

 ぜひお立ち寄りください。

※展示期間に前後して、小千谷市内で「絵紙で彩る小千谷のひいな祭り」イベントが開催されます。

 関連ホームページ      http://ameblo.jp/hskojiya/archive1-201302.html  http://ameblo.jp/hskojiya/archive1-201302.html  http://ameblo.jp/hskojiya/entry-11476870781.html http://ameblo.jp/hskojiya/archive1-201302.html 

 

 

 

 

 

絵手紙で彩る「天然素材と織物展」は終了いたしました。

 

引き続きがんばろう東北「染織展」、全国きものデザインコンクール発表会を

開催予定です。ご来館をお待ちしております。

 

絵手紙で彩る「天然素材と織物展」 開催の様子は

以下の通りです。多くの方においでいただき

誠にありがとうございました。

 

 

只今「織之座」ギャラリーでは、小千谷の織物の原素材と、製品を

展示中です。

木の皮や植物の茎、つるから糸になり、布になる・・・

手間のかかる製品作りを想像しながらご覧いただいています。

素材展.jpg

 

小千谷市内で活動をされている「絵てがみの会」のみなさんと、

小千谷の織物である「小千谷縮」、「小千谷紬」とのコラボ作品が

展示されています。

麻の小千谷縮の涼しげな質感や、絹織物の紬の絣模様の特長を

見事に絵の素材として活用してくださいました。

絵てがみの展示.jpg

 

素材展をご覧いただいた後は織りの実演を見学。

柄を合わせながら織ってゆく伝統工芸士の技術を見ながら、

素材から織り上げるまでの一連の作業時間を思い浮かべ、

ため息をもらす方もいらっしゃいました。

織の実演.jpg

 

この企画展に合わせ、期間限定で苧麻を使った機織体験(体験料¥300~)

や企画関連商品の販売もあります。

R_IMG_4358.jpg苧麻守り.jpg

 

これらの企画展示は11月11日(日)まで(水曜定休)となっております。

匠之座「手づくり小物展」と合わせ、是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

織之座ギャラリー企画展示

絵手紙で彩る「自然素材と織物展」

sina.jpg小千谷織物発展の原点は、野の植物「苧麻」を原料とした麻織物です。現在小千谷市内では「小千谷縮」などの麻織物の他にも多様な天然素材を使った製品がつくられています。この企画では、苧麻をはじめ、自然の素材を加工した布やその製品を原料の紹介とともに展示いたします。また、「野の草花」をテーマに小千谷の織物を使い製作された市内グループによる絵手紙作品も同時に展示されます。(写真:しな糸原料)

 

◆展示期間/平成24年10月27日(土)~11月11日(日)(水曜定休) 

◆会場時間/午前10時~午後5時

◆展示会場/小千谷市総合産業会館サンプラザ1階「織之座」内 ギャラリーエリア

                                                           

 ※期間中、体験スペースのコースター織を別の体験内容に変更することがあります。ご了承ください。

 

                                                                               

hanabi.jpg

下記企画展は終了いたしましたので、只今は常設展示品のみとなります。

(常設展示は、重要無形文化財小千谷縮の製作過程に使用される道具などの展示となります。)

 

仲淳(なかきよし)写真展「越後の花火」

日時:98日(土)~917日(月)午前10時~午後5時(水曜定休)

会場:サンプラザ1階 小千谷織物工房「織之座」

Page Top