布(縮・絹・綿)

紬とは

小千谷縮の技法をいかして、江戸時代中期から織り始められた正絹紬で、古くから縞や絣、無地のほかに白紬が織られています。手紡ぎ糸から織り上げられる小千谷紬は、絹独特の光沢と手ざわりのよさに加え、素朴な味わいが見事に調和した織物です。

小千谷紬は縮布の伝統技術を受け継いだ先染織物で、緯全部に絣糸を使って絣を織りだす「緯総絣」のような奥ゆかしい雅致に富む紬をはじめ、真綿手紡糸独特の風合いをだす伝統の技と、新しい感覚、デザインの融合した紬として高い評価を受けています。

小千谷紬

【小千谷紬】は通商産業大臣指定伝統的工芸品

小千谷紬は昭和50年(1975年)「伝統的工芸品」として通産省の指定を受けた。
通商産業大臣指定伝統的工芸品は、主として日常生活用に供され、その製造過程の主要部分が手工業的であり、伝統的技術または技法により伝統的に使用されてきた原材料を主として用い、一定の地域において多くの人の手によって製造される工芸品としている。
そのほか厳しい審査に通ったものにだけ許される「伝統マーク」がついた伝統的工芸品は、まさに日本の一流品。確かなすばらしさで多くの人の心をとらえるものになる。

小千谷紬の製造工程は、古い伝統技術が受け継がれた特色がある。

  1. 経糸は真綿の手紡糸または玉糸、緯糸は真綿の手紡糸を使う。
  2. 絣糸は緯糸に使う場合と、緯糸および経糸に使う場合がある。いずれも染色は「手括り」および「手すり込み」が用いられる。
  3. 柄模様に基づいて防染個所に印をつけるには、経糸は「経定規」、 緯糸は「木羽定規」を用いる。
  4. 機織りは、緯糸を一本一本耳部を合わせ、柄合わせをして織る。

小千谷紬

小千谷市指定文化財 絣技術 伝統的工芸品

小千谷縮の技術を活かして、江戸時代中期に織り始められた正絹紬で、古くから縞や絣、無地の他に白紬が織られています。

原料は玉糸と真綿の手紡ぎ糸で、絹独特の光沢と手ざわりの良さに加え、着べりのしない実用性もそなえた和装着尺地で、気軽な外出着、家庭でのおしゃれ着として広く愛好されています。

Page Top