布(縮・絹・綿)

綿 越後正藍染

越後正藍染

「越後正藍染」

宝暦元年(1751年)に、越後の国浅原の荘片貝(現在の小千谷市片貝)で、松井仁助が藍染を始めたといわれています。

そのころ、信濃川の流域では綿花が盛んに栽培され、収穫された木綿を藍染する紺屋が周辺に7、8軒ほどありました。

雪深い越後は本来藍染には適さず、この負の自然条件を克服し、独特の染色方法を生みだし完成させたのが越後正藍染です。

天然藍の中でも黒ずんだ力強い藍の色に特徴があり、全国で珍重されています。

片貝木綿

越後伝承正藍染

宝暦元年に、越後の国浅原の荘園片貝(現在の小千谷市片貝)で、松井仁助が藍染を始めたといわれています。

そのころ、信濃川の流域では綿花が盛んに栽培され収穫された木綿に藍染する紺屋が多くありました。雪深い越後は本来藍染には適さず、この負の自然条件を克服し、独特の染色法を生み出して完成させたのが越後正藍染です。

天然藍の中でも黒ずんだ力強い藍の色に特徴があり全国で珍重されています。

Page Top